読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滑走路のために

僕が海外でデザイナーとして働くのに必要なこと

来たるべき未来のために

入社して3年がたちました 今の会社に新卒で入社して丸3年が経った。 会社員で空間デザイナーをしている。 3年仕事していると仕事がわからなくてあたふたするのもとっくに落ち着いて、冷静に周りが見えるようになってくる。降って来た仕事に対して「やらな…

普段の持ち物

会社でもプライベートでも 普段から持ち歩いているものについてご紹介。 とはいえ僕はフリーランスのデザイナーではなく、 普通の会社勤めのデザイナーなので いわゆる「仕事道具」というものはほとんど持ち歩かないです。 1手帳(ほぼ日手帳) スケジュール…

サラリーマンになりたくなかった

幼稚園時代 まず、僕の幼稚園時代の すごく恥ずかしい話。 「将来大きくなったら何になりたい?」 という質問を度々されたこともあって、 自分は大きくなったら何かになると思った。 それは「宇宙飛行士」であり「サッカー選手」であり 「先生」であり「警察…

美大生がパソコンを買った時に最初にやるべきこと

僕が美大に入ったとき 美大に入って一ヶ月が経ったとき 「これは自分のパソコンがないと授業についていけない」 と悟った。 学校には高性能なパソコンが完備されていたが、パソコン室の利用時間は限られていたし、課題提出前はパソコンの取り合いになってパ…

美大生だけがかかる病気

美大生だけがかかる病気で「原研哉病」というのがある。 もちろん半分冗談だけど。 原研哉さんは日本を代表するグラフィックデザイナーだ。 松屋銀座とか蔦屋書店と言えば思い浮かぶ人が多いと思う。 この病は原研哉の書籍を読んだり デザインにハマったりす…

【就活奮闘記】カーデザイナー

僕の原点 15歳のときに父親に連れられて東京モーターショーを訪れた。 そこで展示された異形のコンセプトカーを目にして、 「カーデザイナーになりたい。」と思った。 その瞬間が僕がデザイナーになる道の最初の一歩だった。 それから3年、神奈川の美術予備…

【就活奮闘記】指輪デザイナー

エントリー 美大時代の思い出話。 大学4年の6月1日に就活を始めた。 何者になればいいのかわからないままのスタートだ。周りの美大生たちも何者になればいいのかわからないようだった。 大学に「就職支援課」という場所があって、そこでは就活支援スタッフの…

はじめまして

今週のお題「自己紹介」 初めまして。アンディといいます。 日本人。25歳。 東京出身 / 東京在住 会社員 4年目 / 空間デザイナー 美術大学卒 身長176cm / 体重54kg 目標は海外でデザイナーとして働くこと 趣味 : マラソン / ロードバイク / 写真 / 読書 アッ「…