サラリーマンになりたくなかった

幼稚園時代 まず、僕の幼稚園時代の すごく恥ずかしい話。 「将来大きくなったら何になりたい?」 という質問を度々されたこともあって、 自分は大きくなったら何かになると思った。 それは「宇宙飛行士」であり「サッカー選手」であり 「先生」であり「警察官」であった。 僕は「サラリーマン」という仕事があると勘違い…